西田整形外科の評判

痛みと不安のない穏やかな毎日を目指して

安心の相談環境と症状に合わせた充実の診療体制を確立

地域の皆様に「優しく」「信頼できる」医療サービスをお届けできるように、患者様一人ひとりやご家族様にわかりやすく納得のいく説明を心掛け、どのような症状でも安心して相談できる環境づくりに力を入れています。筋肉や骨、関節などが関係するけがはもちろんのこと、リウマチをはじめとする運動器の疾患も幅広く診療しており、近隣の基幹病院とも連携して最適な医療ができるよう備えています。前橋市にある医療法人賛功会が力を入れている点や、診療の特色などをご紹介いたします。
 整形外科領域の様々な症状に対応できる充実の診療体制

整形外科領域の様々な症状に対応できる充実の診療体制

脊椎、骨、関節、靱帯、腱、神経など、人体の中で「運動器」と呼ばれる部位や機能に関連した病気やけがを扱うのが整形外科です。例えば、腰痛や肩こり、手足のしびれ、関節痛や腫れ、変形といった症状から、骨折や脱臼、捻挫、熱傷などのスポーツ障がい、労働災害、交通傷害まで、様々な症状への治療やリハビリをご提供いたします。軟部腫瘍の切除、爪形成術、手根管症候群、アキレス腱断裂などの手術にも対応しておりますので安心してご相談ください。
さらに、巻き爪でお悩みの方への手術をしないワイヤー矯正、加齢に伴って増加傾向にある骨粗鬆症の治療、腰痛や下肢痛が強い方へのブロック注射なども行います。入院加療が必要な場合には、症状に合わせた専門の病院への紹介手続きもスムーズに進めてまいります。
手首や指の痛みでお悩みの方は狭窄性腱鞘炎の恐れがあります

手首や指の痛みでお悩みの方は狭窄性腱鞘炎の恐れがあります

「指や手首に激痛が走る」「指が曲がらなくなった」といった症状でお困りの場合は、狭窄性腱鞘炎の可能性があります。関節は筋肉によって動き、その筋肉と繋がっているのが腱です。腱は腱鞘というトンネルを通って動くことによって関節がスムーズに曲がる仕組みになっていますが、何らかの理由で炎症が起こると腱鞘が腫れ、動きが滑らかではなくなります。狭窄性腱鞘炎の代表的な症状には、「ばね指」「ドケルバン」などがあります。
原因は多岐に亘りますが、例えば美容師やピアニストのように手や指をよく使う職業の方、キーボードやマウスを頻繁に使用する方、妊娠出産期の女性やアスリートなどが腱鞘炎に悩まされるケースが多いようです。地域の整形外科として、考えられる要因に合わせて痛みを緩和し、早期回復をサポートいたします。
痛みを感じる場合には放置せずできるだけ早めにご相談ください

痛みを感じる場合には放置せずできるだけ早めにご相談ください

思い当たるふしがあって「たぶん腱鞘炎だろう」と思っていても、お仕事や家事・育児、介護となどのライフワークを休むことができず、仕方なくそのまま動かし続けて悪化する場合が多くあります。腱鞘炎の初期段階では、「指や手に何となく違和感がある」「倦怠感があって動きが鈍くなっている」といった軽い症状がほとんどですが、そのまま放置して仕事や家事を続けますと悪化の一途を辿ります。段々と痛みが増し、場合によっては患部に熱や腫れを感じて生活に大きな支障をきたします。
さらに悪化した際には手術での治療となりますので、そうなる前のできるだけ早い段階で受診されるようおすすめしております。前橋を中心としたエリアで地域に根ざした医療サービスをご提供する整形外科として、痛みの緩和を第一に丁寧に治療いたします。
抗サイトカイン療法で関節リウマチ治療に新たな選択肢を

抗サイトカイン療法で関節リウマチ治療に新たな選択肢を

関節リウマチの治療において様々な可能性を秘めている抗サイトカイン療法を積極的に導入しています。リウマチの治療において最も大きな課題とされているのが、関節破壊の進行を食い止めることです。リウマチは、発症すると同時に破壊症状が進む病気であるため、進行を食い止めるためには早期診断と早期治療がカギとなります。一般に、発病から5年経った時点では40%以上の関節破壊が進むと言われていることからも、この病気の深刻さが理解できます。
痛み以外にも変形症状とも戦わなければならない患者様一人ひとりのご負担を何とか減らしたいという強い願いを込め、発病早期に抗サイトカイン療法を採用し、寝たきり状態を予防するよう努めております。前橋市エリアでこの治療法に関心をお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。
リハビリも含めた整形外科の治療で日常の安心も回復へ

リハビリも含めた整形外科の治療で日常の安心も回復へ

整形外科が関係する病気や治療の計画は、リハビリテーションを抜きには語れません。けがや病気によって損傷を受けた部位が癒やされ、身体機能が回復すると同時に重篤な後遺症で悩まないためにも的確なリハビリを行うことが大切です。特に、交通事故や労働災害などで骨折した場合、ギプスなどで一定期間関節を固定することによって筋肉の重量や関節部分の柔軟性が失われ、可動域が狭くなって日常生活にも大きな支障をきたす場合が多くあります。
どんなに骨の癒合が上手くいったとしても、機能障害までを視野に入れたリハビリをしなければ今後の生活に支障をきたし、二次的症状を引き起こす可能性さえあります。前橋を拠点に伊勢崎や桐生の皆様をサポートする整形外科として、リハビリテーション科の充実した設備と環境を整えております。