はじめての方へ
西田整形外科にお任せください 院長挨拶
お電話でのお問い合わせ 027-280-2233  お気軽にお問い合わせください。
西田整形外科アクセス

広い駐車場で安心して駐車が可能です。
(駐車可能台数は70台)

前橋・桐生の整形外科・リウマチなら西田整形外科 ホーム  膝の軟骨がすり減ってしまうのはなぜか



膝の軟骨がすり減ってしまうのはなぜか

膝の軟骨がすり減ってしまうのはなぜか

年齢を重ねるにつれて増えてくる膝の痛み。前橋にある西田整形外科でもよく相談を受けます。膝痛の原因は様々ですが、その多くは軟骨のすり減りによって起きます。そして、一度減った軟骨は二度と再生することはありません。何故、膝の軟骨がすり減ってしまうのでしょうか。こちらでは、その原因についてご紹介いたします。

膝の軟骨がすり減る原因とは

軟骨は「骨」という漢字が含まれていますが、その90%が水でできており骨とは全く別物と考えられます。大腿骨や脛骨の先の部分は表面が軟骨でカバーされ、軟骨同士が密接して体重を支えています。また、膝のお皿の裏の部分も軟骨で覆われていて、大腿骨の軟骨面と向き合う形です。軟骨は本来強度や弾力があるものですが、年齡を重ねるにつれて次第に変形し、すり減っていきます。そして、すり減った軟骨のカスが周囲に刺激を与えると炎症が起き、膝に水が溜まるようになります。

しかし、軟骨がすり減る原因は一概に加齢だけとは言えません。80歳を超えても若い人と同じような軟骨で、健康的な生活を送っている人がいるのも事実です。軟骨がすり減る原因は実に様々です。肥満や膝への過剰な負担、性別(女性に多い)、運動不足、姿勢の悪さなども要素として考えられます。また、頻繁な飲酒やタバコなども膝に悪く原因になり得ます。

軟骨に優しい生活を心掛ける

軟骨に優しい生活を心掛ける

軟骨がすり減る原因を考えると、意外と生活習慣が関係しています。生活習慣の乱れは皮膚や血管のみではなく、骨や軟骨の老化も早めます。軟骨のために良いことは以下の通りです。

  • 適正な体重
  • 適度な運動(エレベーター使わずに歩く、水泳など)
  • 十分な睡眠と休養
  • 新鮮な野菜や果物を始め、魚介類や海藻、きのこ、芋豆中心の食事など

こうした食生活を意識すると共に、痛みを感じるなら早めに整形外科クリニックの受診をおすすめします。前橋市や伊勢崎市、桐生市に密着した西田整形外科では、整形外科や外科、リウマチ科、リハビリテーション科の診療を行っています。関節リウマチなど、膝の痛みが気になるならお早めにご相談ください。また、大胡駅からのアクセス方法など、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

医療法人 賛功会 西田整形外科 027-280-2233 診療科目:・整形外科・外科・リウマチ科・リハビリテーション科 診療日:月曜日〜土曜日 休診日:水曜午後・日曜・祝日 診療時間:9:00〜12:00 14:30〜18:00(土曜は17:00迄)
このページのトップへ